• HOME

10代の期間、チョコレートやスナック

10代の期間、チョコレートやスナック菓子を過食するとすぐにニキビが出ていました。

食べ物がてき面に影響するんだ、と経験したものです。

それから、年齢を重ねるとともに食生活にも注意をし、チョコレートやスナック菓子などには目を向けないようにしています。そのおかげかニキビも完全に見られなくなりました。

ニキビを治すには、ザクロが効果を発揮します。にきびはホルモンバランスの均衡がとれない時や肌の古い角質がきちんとはがれ落ちない時に、できてしまいます。ザクロは、余計な皮脂が噴き出す原因になる男性ホルモンの分泌をコントロールし、代謝を活発にする成分が豊かなので、体質レベルからニキビを治せるのです。

徹夜ばかりしていたらニキビ顔になってしまいました。私はすさまじくニキビになりやすいので、わずかでも肌に負担を感じるとニキビでぶつぶつになるのです。

だから、忙しかろうとなかろうと、なるべく早く床についてしっかりと睡眠時間をとるように気を配っています。ニキビの大敵は睡眠不足(集中力が低下したり、免疫力が低下したりするでしょう)だと思います。

白く痛々しいニキビが出てくると、気になって触ってつぶしてしまいます。

ニキビの中から白い中身がピュッと出てくるのがすさまじく好きです。

ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、どうしても中身を出沿うとした結果、ニキビ跡が肌についてしまうのです。そのニキビの後を見ると、もうニキビをつぶしてはいけないともう反省するのですが、ニキビが白く膨らんでいるのを見ると自分を抑える事が出来なくなって、再びつぶしてしまうのです。

ニキビが発生すると潰すのが常のようです。

結果、跡が残るから潰すな、というのが常識的な意見です。

極力早く治すには、ニキビ用の薬が最良かと思います。ニキビ跡にも併せて効果があります。洗顔後に化粧水・乳液で肌をケアして、ニキビだけに薬を使います。

吹き出物を予防するために、朝食で、果物を摂取するようにしています。

その季節の旬のフルーツを欠かさずに摂取しています。

果物を摂取するようになってから、肌を褒められるケースが多くなり、生理前でも、最近は吹き出物が発生しなくなりました。

お通じが改善されたことも、ニキビが発生しなくなったワケの一つと考えることができるかもしれません。

ニキビがおでこにできると、何としてでもまえがみなどで隠沿うとしてしまいます。ですが、それはニキビを余計に悪化指せてしまう原因ともなるので、できる限りまえがみで隠すというようなことはせずに髪がニキビに触れないようにできるだけ刺激を与えないことが重要です。ニキビが繰り返されるときは、単に一般的なニキビケアをするのではなく、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアがしなければなりません。

ニキビが繰り返されるワケとしては、ホルモンバランスや食習慣が乱れていたり、化粧品が肌に合っておらず、それが原因となって毛穴が詰まってしまっているなど、いろんなことが原因としてあげられます。ニキビが繰り返される本当の原因をきちんと知った上で、根本的な治療を行っていきましょう。

ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)で、20歳からはニキビとは言わないななんて言われることが多いのです。この前、珍しく鼻の頭にでっかいニキビがあったので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、バカにされました。ひどいニキビができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。

ピーリングの時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。

それで、ちょっぴり怖くなってすぐに止めたのですが、肌が正常に戻ってみたら、そんなヒリヒリ感は消えて、とてもきれいにニキビが改善できたのでした。

それ以来、ニキビが出るとピーリングを行うようにしています。

ニキビというのは潰してしまっても良いのでしょうか。実は、ニキビは潰してしまっても良い状態のものと潰してはいけないものとがあります。潰しても問題ないニキビの状態とは、ニキビの炎症が落ち着いて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。

こんなニキビの状態は、膿が出てこようと芯ができ初めている状態ですから、専用の器具を使うのの場合は、潰しても大丈夫でしょう。ニキビができてしまうワケのひとつに、乾燥がふくまれています。

ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と疑問に感じている人も少なくないでしょう。

もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって油脂を落としすぎると、そのせいで肌が乾燥し、それがニキビができる持ととなってしまします。ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を他の人と共有で使用していたり、直接肌が接触してそのまま洗わなかった場合などに、他の人のニキビがうつる可能性も少なくありません。また、手で自分のニキビを触って、顔の他の場所に触れると、そこにニキビが増える可能性があります。ニキビが酷くなった場合、固く新を持ったような状態で、触ると痛いといった症状が見られます。ニキビが出来てしまった場合、ついなぜかその箇所を確かめたくて触ってしまいたくなりますが、触るとまた雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ニキビケアのクリームなどでケアしながら、清潔な状態を保つようにしてください。生理が近くなるとニキビになる女性は少なくないと思います。

ニキビのワケとして、女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名で、分泌量が減ると様々な不調が現れます)のバランスが崩れ、肌が荒れやすい状態になってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いオヤツなどが食べたくなったりするので、ニキビになることがかなりあるのでしょう。

関連記事

メニュー