• HOME

角栓で毛穴が詰まることが、ニキビを作る原因のひとつ

角栓で毛穴が詰まることが、ニキビを作る原因のひとつなのです。気にしてしまい、ついつい指で角栓をはさむようにして押し出してしまうと、それが原因となってニキビ跡ができてしまいます。

角栓を造らせないように、また、悪くさせない為には、きちんとお肌の保湿をすること、余分な皮脂を毛穴に溜めないことが重要です。このところ、ニキビを重曹でケアできるとよく耳にします。重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、毛穴汚れや角質のお手入れができ、にきびの改善に繋がるのではと期待されているのです。

研磨作用が働く重曹での洗顔は肌にダメージを与えるおそれもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。ニキビがおでこの目たつ場所にできると、どうしてもついまえがみで隠そうと思ってしまいます。ですが、その様な行為はニキビを悪化させかねない行為ともなりますので、出来ればまえがみで隠すと言ったようなことはせずにまえがみがニキビには触れないように刺激を与えずにいることが大事なのです。

女性特有のニキビを起こすと考えられるひとつの原因に女性ホルモンの分泌の乱れがあると思われます。

女性ホルモンのバランスは、ストレスを感じるとすぐに乱れがちと言ったことがわかってきました。

さらに、生理前はとりわけ女性ホルモンが非常に乱れやすくなります。ニキビに悩まされる女性が増えるのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。

肌にできたニキビを無理やり潰すと、膿が出ます。

もっと潰すと今回は芯が出ます。

これがニキビの元なのですが、潰して芯を出してしまうことは決して良い方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)ではないのです。無理に潰すことになるワケですから、より一層炎症が広がってしまいます。

ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。私が20歳の際、背中がとても痒くなったので確かめてみると、多くの吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科で見てもらいました。その結果、医師から、「診察結果はニキビです。原因は栄養分の偏りなんですが、脂肪分の多いものばかり食べているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。

チョコほどニキビができやすい食べ物はないそうです。顔ではないところで、意外にもニキビができやすいのは実は、背中。

背中は自分では見えない場所なので、ニキビがあっても、気づけない場合があります。それでも、背中のニキビもケアをしっかりしなければ跡になってしまうかもしれません、気をつけましょう。ニキビは男女を問わず一筋縄でいかないものです。少しでもニキビを防ごうと対策をとっている人は少なくないと思います。

ニキビケアに効果のある方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)の一つに水洗顔が挙げられます。ニキビができた途端に、やたらに洗顔してしまったり、洗顔料で洗顔するのがよいと思ってしまいますが、実は逆効果なのです。

生理の前になるとニキビが出てしまう女性は割といらっしゃると思います。ニキビの理由として、ホルモンのバランスが崩れ、肌の状態が悪くなってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いものが無性に食べたくなったりするので、ニキビが増えたりすることが多くなってしまうのでしょう。

ニキビを防ぐために、私は毎日の朝食で、フルーツを摂取するようにしています。

時節時節、の旬の果物を欠かさずに摂取しています。フルーツを摂取するようになってから、肌を褒められる機会が多くなり、生理前でも吹き出物ができなくなりました。

便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)が治ったことも、皮脂腺の炎症が発生しなくなった理由の一つと言えるかもしれません。肌トラブルとニキビが関係していることも可能性があります。

吹き出物はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、思春期に生じやすいです。

とは言っても、思春期をすぎても出現することがあり、その際は大人ニキビとか吹き出物と命名されてます。で、この大人のニキビの根源が肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には気をつけてください。実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20歳以上になるとニキビと言ってはいけないなんて言う人もいます。

少し前に、数年ぶりに鼻の頭に大きなニキビが現れたので、主人に、「ニキビ作っちゃった」と言ったと、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、から替れました。ニキビは何度も繰り返しできやすいお肌のトラブルです。

改善したからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、またすぐに再発します。

繰り返し出来ないようにするには、お肌をキレイに保つようにし、不摂生な食生活をせず、十分な睡眠を取ることが重要なことだと思います。

後から後からできる、ニキビは潰して良いのでしょうか。実は、潰しても良い状態のニキビと潰してはダメな状態のニキビがあります。潰してしまっても良い状態のニキビとは、炎症を起こしたニキビが落ち着いてきて、ニキビの内に溜まった膿が白く盛り上がってきた状態のものです。このニキビの状態とは、膿が外に出ようと芯が出来はじめている時ですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰しても問題ないでしょう。

ニキビもれっきとした皮膚病です。ニキビ程度で皮膚科に通院するのも、と少々迷いがちですが、皮膚科で診察をうけると早く回復しますし、ニキビ跡も目立ちにくいです。

おまけに、自分で薬屋などでニキビ薬を購入するよりも安価で治療できます。

関連記事

メニュー